2014年11月30日

須磨アクアイルミナージュ

IMG_2214-2.jpgいよいよ明日、12月1日から須磨水族園で、「アクアイルミナージュ」が始まります。
29日(土)には、内覧会がありました。
イルカ大水槽に映される4Dマッピングや園内あちこちの電飾も楽しいですが、波の大水槽をはじめ、館内のいくつかの水槽は夜も公開されており、魚たちの姿を見ることができるのが、このイルミナージュの最大の愉しみかもしれません。
12月に入ると急に寒くなるそうです。暖かくしておいでください。

posted by モリンくん at 10:40| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月27日

紅葉シーズンです!

ヒヨドリ.jpg今年は例年より紅葉がきれいな気がします。
神戸市公園緑化協会が管理に携わっている各公園でも、いまが盛りです。
(写真はひよどりごえ森林公園)
長期予報では来週の火曜日頃からまた冷え込みが厳しくなるようです。
この土日、少しお天気が心配ですが、お忙しい方もお近くの公園でプチ紅葉狩りなんて、いかがですか?

posted by モリンくん at 13:19| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月25日

武庫離宮造営100年記念講演

講演武庫離宮.jpg昨日は午後から、垂水にある「舞子ビラ」で、武庫離宮造営100年記念講演会が執り行われました。
もと宮内庁の職員だった浅羽さんは建築の立場から、また郷土造園史家の西さんは造園の立場から、それぞれ離宮について解説いただきました。
約260名の参加者の皆さんは、熱心に質問なども交えながら、お聴きになられていました。
講演会の後は、離宮公園に場所を移して、あとは自由散策。
須磨歴史倶楽部のみなさんが、要所要所で解説してくださいました。
折しも、離宮公園は秋の紅葉にあわせて夜間開園中。
ビジネスパートナー協定を締結した神戸情報大学院大学の皆さんによる中門広場でのCGライティングが来園者の皆さんを楽しませていました。
離宮公園の夜間開園とそれに合わせたCGライティングやライトアップは来週の土日も行っています。
是非、秋の離宮公園においで下さい。
posted by モリンくん at 08:44| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月23日

神戸マラソン

SA3E0180-2.jpg本日は神戸マラソンの日。
9時にスタートしたランナーたちは、9時半過ぎから須磨浦公園の前を通り始めます。
海には漁船が、沿道には多くの皆さんが声援を送ります。
須磨浦から塩屋まではちょっと沿道に民家も無いので声援は少なくなりますが、また垂水から折り返しの舞子にかけて、にぎやかになります。
頑張って完走してください!



posted by モリンくん at 11:49| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月18日

冬空です

冬空.jpgまだ森林植物園でも須磨離宮公園でも秋の紅葉関連イベント期間中ですが、ここのところの冷え込みは厳しく、数日前までの秋晴の青空から一転して、もう冬の空です。
でもまだ11月中は紅葉関連イベントが盛りだくさん。また12月に入っても、冬向きのイベントをご用意して、来園者の皆様をお待ちしています。
今週末の23日(日)は神戸マラソン。交通規制がありますので、神戸方面へ車でお越しの方はご注意ください。

posted by モリンくん at 13:04| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月12日

11/15 「本多静六・その人と業績−六甲山のはげ山緑化を中心として―」 講演会当日受付します!

11月8日までの締め切りで募集していた講演会について、定員に余裕があるため追加募集をいたします。

当日受付をおこないますのでぜひお越しください!

事前に来られることが分かっている方はrokko@kobe-park.or.jpまでお知らせいただけると幸いです。


―講演会の内容−

六甲山系は明治30年ごろまで「はげ山」で、雨が降るたびに洪水が発生し、衛生環境上の問題も起こっていました。そのような状況を改善するため、当時の神戸市長が六甲山の植林を依頼した人が本多静六氏。

初めの事業は明治35年から行われ、今の六甲山系の緑化の礎が築かれました。以降、緑豊かな山となった六甲山は、神戸に暮らす人を守り、憩いや安らぎの場を提供しています。

今回はその本多静六氏を曽祖父に持つ遠山先生がその業績について講演します。今は緑豊かな山となった六甲山。この機会に、はげ山の六甲山が緑豊かになっていく物語を聞きにきませんか?


■日時:平成26年11月15日(土曜) 14時〜16時

■場所:北野工房のまち講堂(3階)  (神戸市中央区中山手通3丁目17番地1号)

■定員:200名

■参加費:無料

■講演者:お茶の水大学 名誉教授  遠山 益 先生


■参加方法

当日受付可

事前メール連絡可:rokko@kobe-park.or.jp までお名前と参加人数をお知らせください。


■主催者等
主催:布引の滝に感謝する会・(公財)神戸市公園緑化協会
後援:神戸市・神戸愛山協会

■問合せ先
(公財)神戸市公園緑化協会 公園部公園緑地課  電話番号:078-795-5656


講演会のチラシはこちら↓↓↓

http://www.kobe-park.or.jp/wp/wp-content/uploads/2014/10/20141115kouenkai.pdf

posted by モリンくん at 09:21| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月11日

須磨浦普賢象

須磨浦普賢象神戸新聞.jpg昨日の神戸新聞の夕刊に、11月30日に開催される「須磨浦公園のサクラ」講演会と併せて実施されるスマウラフゲンゾウの苗木植栽に関する記事を載せていただきました。
このブログでも、今年の春、諏訪山の花と緑のまち推進センターで咲く様子を紹介させていただきました。
(⇒2014年4月14日須磨浦普賢象
講演会の申し込みは、往復はがきにて、今週末の15日が締切りです。
会場の都合があり、申し込み多数の場合は先着順で打ち切りとなりますのでよろしくお願いします。
申込方法等、詳しいことは「須磨浦公園のサクラ」講演会をクリックするとジャンプするチラシをご覧ください。
posted by モリンくん at 11:06| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月08日

須磨浦公園からおらが山へ

明日は六甲山全山縦走大会の日。
スタートになる須磨浦公園から高倉台までのほんのサワリの部分だけを前日に歩いてみました。
スタート地点では仮設便所が設置されていました。
明日は皆さん、暗いうちからの出立ですが、今日の私はのんびり9時半スタート。
私と同じようにのんびりペースで歩く多数の人々に交じり、たまに行者のようなスピードで駆けていく人も。
1時間ほどでおらが茶屋に到着。
IMG_2177-2.jpgここは、1階がトイレと自販機スペース、2階が喫茶軽食、屋上が展望台になっています。
第2神明道路の東端、月見山料金所のすぐ西側の通称「おらが山」の上に見える、2階建ての建物が「おらが茶屋」です。
喫茶軽食のお店の中や屋上から東を見れば須磨海岸から晴れた日には生駒金剛山系、神戸空港に関空が望めます。
IMG_2171-2.jpg目を西に転じれば、明石海峡大橋に淡路島。天気が良ければ家島諸島まで望めるのですが、残念ながら今日はちょっと曇り空。
「かたつむり つの振り分けよ すまあかし」と詠まれたカタツムリになった気分です。
店長によると、「もっと綺麗に見えるのに残念」とのこと。
IMG_2173-2.jpg夜景も綺麗でしょうねぇ、と訊くと「もちろん」とのこと。
通常メニューのほかに、店内貸切りの特別メニューなどの相談にも乗っていただけるそうですよ。
普段は、土日祝の営業。雨の日や冬季はお休みです。
車での来店はちょっと無理ですが、高倉台から300段余の階段を直登するか、ワタシのように須磨浦公園からぶらぶら1時間歩くか?
まあ、近くの奥須磨公園や多井畑厄神さんあたりをのんびり巡るときの休憩ポイントとしてもいいですね。
今日の私は、このあと月見山まで離宮公園経由で帰りました。
明日の全縦大会、お天気がちょっと危ぶまれますが、参加される方は怪我の無いよう、気を付けて頑張ってください。


posted by モリンくん at 15:13| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月05日

寄生植物・ヒノキバヤドリギ

ヒノキバヤドリギ.jpg総合運動公園の「自然の国」の山の上(ORIXの試合のときに花火が上がる山です)。
カリンの木の枝に、節だらけの奇怪な小枝が生えています。
ずいぶん以前に、ツバキの枝に生えているのを見たことはあったのですが、久しぶりに見ました。
寄生植物で、名前を「ヒノキバヤドリギ」といいます。
名前の由来はヒノキの葉っぱに似ているから、だそうです。
あんまり茂ると、本体の樹木を弱らせるそうですが、このくらいならまだ大丈夫でしょうか。
どなたかが取り付けていただいた樹名札も付いていますので、探してみてください。
posted by モリンくん at 17:22| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

講演会のお知らせ・須磨浦公園のサクラ

須磨浦サクラ講演.jpgなんだかこの秋は、講演会ラッシュです。
そのなかで、申し込みの締め切りが来週末に迫っている講演会「須磨浦公園のサクラ」についてご紹介します。
海沿いの美しい松林で有名な須磨浦公園は、春の桜も県下でも指折りの名所です。
桜の種類はおもにソメイヨシノで、老齢化も進んでいますので、近年では樹木医さんが治療を継続中です。
今回の講演は、治療にあたっているその樹木医さんが講師です。
場所はロープウエー山上の東部展望閣。講演のほかに現地見学や、須磨浦公園から発祥した八重桜「スマウラフゲンゾウ」の苗木植栽も行います。
ロープウェー代金は別途必要となりますが、講演受講は無料。定員50名。応募者多数の場合は抽選。
参加希望の方は11月15日(土)までに往復はがきで必要事項(住所・氏名・年齢・電話番号・参加人数(ハガキ1通につき2名まで))を記入の上、
〒654-0163 神戸市須磨区緑台 神戸総合運動公園管理センター2階
神戸市公園緑化協会 「須磨浦公園のサクラ」係まで。
posted by モリンくん at 00:00| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする